2016年07月22日

松田聖子コンサートの夜・・・

今、平成28年7月22日午後10時00分。

不倫記録の順番からすると少し先取りの感がするが
このことは今日書いておきたいと思ったので綴ることにする。

2年前の今日、鹿児島に松田聖子がやってきて
久々のコンサートを鹿児島アリーナで開催した。

ヒロシは出張で宮崎にいたのだが
松田聖子フアンの彼女はコンサートを観に出かけた。

「お友達と行くのよ。女性だから心配いらないから・・・」

と、ヒロシには話していたそうだが
もうこの頃のヒロシは、そんな言葉を100%信じてはいなかった。

もちろん、確認したわけではないので
社長と行くのだろう・・・とは言えないヒロシだった。

普段からお金がない、ガソリン代が・・・
生活苦しい・・・などなど口にしていた裕美子。
そんな生活の中、高いチケット買って夕方から家を留守にする嫁を
旦那さんはどう捉えていたんだろうか?

そこには、納得させるだけの理由がないと
旦那さんも「行っていいよ」とは簡単に言えないと思うのだが・・・

「社長がチケット買ってくれたから一緒に行ってくる・・・」
くらいの理由があれば、仕方ないなという気持ちでも送り出すことだろう。

実際、コンサート終わって家に帰ったのは午前零時過ぎ。
帰りに社長の家でコンサートの話していて遅くなった・・・
と言われたら、旦那さんも子供たちも納得することだろう。

日頃の隠された生活実態がどうであれ、一応主婦であり母親なのだからね。
したたかな彼女のことだから、家族を騙すくらい日常茶飯事なことなのだろう。

その夜、ヒロシは出張先の宮崎のホテルでジッと彼女からの連絡を待っていた。

「今コンサート終わったよ!すごく楽しかったよ・・・」

これくらいの電話はかかって来るものと思っていた。
電話が無理なら、メール1本くらいは届いても可笑しくないことだった。

鹿児島アリーナから彼女の家までは車で40分くらいかかる。
コンサート終わってアリーナを出て
駐車場から車を出し、混雑する中を帰ること考えても
1時間もあれば帰り着くはずだと思っていた。

時刻的に言えば、午後10時過ぎには
家に帰りついても不思議ではなかったのだが・・・

11時になっても、11時半になっても
そして午前零時を回っても、電話1本メール1本ヒロシの元へは届かなかった。

ヒロシからも何回となくメール入れたのだが返事はなかった。

社長の誕生会の席で思いを込めて
松田聖子の「あなたに逢いたくて」を
唄っていた裕美子の姿を思い出しながら
ジッと耐えるヒロシだった。

ホテル1階のコンビニから買ってきたおツマミ相手に
部屋の窓から見える日向灘を走る船の灯り見ながら
一人静かに飲み続け、連絡を待っていた。

だが、その期待は裏切られ
窓の外は漆黒の暗闇から、紺青色の空に変り
やがて日向灘に朝陽が昇った・・・

徹夜で連絡を待ったヒロシだった。

「どうして連絡諦めて寝なかったの?
 深夜になったらもう連絡来るはずないでしょう?」

とヒロシに聞いたら

「気持ちだよ。俺はこうしてずっと待っていた。
 半端ない気持ちだよということを貫きたかった。」

と話してくれた。

それで、その時のことはどうだったのかと聞くと
なんとこれが・・・

ヒロシ 「どうして昨夜は連絡くれなかったの?」
裕美子 「コンサート終わって家に帰ってバタンキューだったのよ。」
ヒロシ 「帰る途中でも、ちょっと車を停めて
     『今終わったよ。これからお家に帰るね。』くらいの
     メールなり電話なりできるだろう!?」
裕美子 「・・・」
ヒロシ 「真っ直ぐ帰ったんか?社長のところへ直行したんじゃないのか?」

しばらく無言が続き、出てきた言葉は

裕美子 「はいはい、あなたの言うとおり寄りました。でも直じゃないよ。
     一緒にコンサートに行ったお友達とお茶してから行きました。」

だったということだ。

コンサートでどれだけ楽しんだのか、嬉しかったのか
その感動を一番先に聴きたかったヒロシに対して
徹夜してずっとその電話を待っていたヒロシに対して
こんな返事は許されるものではないし
ましてや、深夜の社長宅へ寄り道して何していたんだ・・・?

直じゃないよ!

だなんて、あまりにもバカにし過ぎではないのだろうか!?

例えその話が本当で、お茶してから社長の家に寄ったのであれば
午後11時くらいになっていたはずである。

社長とコンサートのお話してたの・・・と言ったそうだが
それはベッドの中で、コンサートの余韻を
二人して楽しんでいたのだろうと、想像は誰でもつくと思うね。



昨日、7月21日の午後3時半ごろ、体調を崩したヒロシが病院へ向かう車の中
対向車の白い軽自動車の助手席にいる彼女を見かけたということだった。

相も変わらず、運転していたのは社長義則だったということ。

「久しぶりに彼女を目にして何ともなかったのか?」

とヒロシに聞くと

「呆れた女やな・・・相も変わらずかよと思った。
 社長も騙され続けて哀れだな・・・
 俺はもう煩悩切れてるし、いつの日か天罰下るよあの女!」

と、吐き捨てていた。

ヒロシが言うとおり、
嘘まみれで股癖の悪いこの女には、それ相当の天罰が必要だと思うね。
いや、きっといつの日か想像を絶する天罰が下るはずだろう。

バカな女だね・・・ホントに!


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・























posted by hiroshi at 22:36| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

煩悩が途切れ途切れのヒロシ

平成26年4月13日(日)
午後1時55分 裕美子 お金はあったの?
午後9時44分 裕美子 なんの、テレビ見てるの?
午後9時45分 義則 もう寝ているよ

平成26年4月14日(月)
午後4時33分 裕美子 タバコ買って行こうか?
午後10時8分 裕美子 私、携帯忘れてないかな!?
午後10時10分 義則 待って。見てみる

平成26年4月17日(木)
午前7時24分 義則 今日は残業ですか

平成26年4月18日(金)
午前8時6分 裕美子 リンナイさんは何時に来るの?
午前8時8分 義則 まだです。連絡が取れない
午前8時17分 義則 早退できますか?
午前8時26分 義則 ポンプありますか
午前8時59分 裕美子 あるよ!何時に帰るといいの?
午後9時39分 裕美子 明日、お仕事入ってたっけ?

平成26年4月20日(日)
午後10時37分 裕美子 明日はロトよ!
午後10時38分 義則 わかりました

平成26年4月21日(月)
午後12時51分 裕美子 ご飯は?

平成26年4月23日(火)
午前11時13分 裕美子 まだ帰ってない?

平成26年4月26日(土)
午後12時34分 裕美子 タバコありますか?
午後12時35分 義則 あります
午後10時19分 裕美子 大丈夫?心配です!
午後11時14分 義則 大丈夫だよ
午後11時19分 裕美子 今夜はありがとうございました。
             明日は宜しくお願いします!




父親の初七日が終わり、
ヒロシは仕事の引き継ぎのため一旦沖縄へ引き返した。

裕美子の冷たい態度に呆れたヒロシではあったが
どんなことがあっても彼女への気持ちは変わらないということを
伝え続けるためにメールだけは送り続けていたという。

いよいよ沖縄を去る日が近づき
ヒロシは裕美子が欲しがっていた米軍の迷彩服を探しに出掛けた。

昔は沖縄に駐留する米軍の払下げ品が
いたる所で売られていたが、店の数も減り
また、サイズが小さいだけになかなか見つからず
沖縄本島中を駆け巡ったとのことだった。

数件めの宜野湾にあるショップで
やっと手頃なサイズの迷彩服を見つけたヒロシ・・・
探し始めて半日近く経っていたが
目的を達成できて、ホッと一安心のヒロシだった。

201404201659.jpg

沖縄を離れる最後の日の朝
ヒロシはホテル近くのスーパーへ出かけた。
沖縄そばを買って帰るためだ。

お土産用の化粧箱入りではなく、普通に沖縄の人たちが食べている
スーパーの生食品とそのスープを買って帰るためだったのだが
裕美子の家族の人数分と、ヒロシの子供たちの分合わせて
10食分を買って帰ったので、それはそれは重かったということだった。

そんなヒロシの献身的な気持ちや動きを何一つ知ろうともせず
義則の心を引き付けるための気遣いメール、ラブメールを送り続け
もちろん電話も頻繁にかけていたことだろう裕美子。

ヒロシには素っ気ない返信メールがほとんどだったという。

それでもジッと我慢し
彼女を思いやる気持ちやその動きが哀れでならない。

それにしても、以前にも書いたが
義則のことが本当に好きで、身体を思いやるのなら
どうして「タバコ・・・タバコ・・・」
と、メールに書き続けるのか不思議でならない。

普通なら、タバコは身体に悪いから止めさせるはずなのだが・・・

義則の家にしょっちゅうタバコ吸いに行っていた裕美子
ヒロシはいつの間にか義則の家を事務所と呼ばず

「喫煙室・・・」

と言うようになったという。
それほど頻繁に、毎日毎夜の如く出入りしていた彼女だった。

義則の家の周り
ご近所では二人のことに疑いを持ち始め
良からぬ噂も立ち始めていたことをある人から聞いたという。

それはそうだろうと思う。
朝も早くから、夕方も、そして夜遅くまで
義則の家の前に彼女の車が停まっていたら
誰もがそう思わざるを得ないことだと思う。

噂が立つことくらい判らなかったものだろうか?

自分たちがとっている行動に夢中で
周りのことなんか気にしていなかったのだろうね。

2人の家は近いのだから
なおのこと気を付けて動かなければならないのに
まったく不用心極まりない2人だったと思う。

こんな嫁をほったらかしにしている旦那も
我思うに、不思議な人だと思わずにはいられないのだが
何かあるのかもしれないね・・・その訳が・・・

普通では想像できないないような何かが・・・

だけど、煩悩が途切れ途切れになりかけていたこの頃
何故かしら4月18、19、20日と
彼女はヒロシの家に来て、しっかりセックスはしていた。

身体を重ねて楽しんで帰った夜にも
いつものように義則へのラブメールは欠かさない彼女だった。

しかし、ここにきて2人のメールの間に
何か違和感を感じないだろうか・・・?

彼女のメールに対しての義則からの返信が
どことなく素っ気ないものに思えてならないのだが・・・

嫌気がさし始めているのではないだろうか?

姪っ子の件もあったし、
その時の彼女のキレ具合と、その後の態度の変わり様に
義則も何かを感じ始めていたのではなかろうか・・・

あるいは単純に「ウザくなってきた・・・」
そんな態度が見え始めているような気がしてならない。


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・













タグ:煩悩
posted by hiroshi at 00:48| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人

平成26年3月24日(月)
午後10時55分 裕美子 明日は、お仕事ですか?

平成26年3月25日(火)
午前0時4分 義則 仕事はないです
午前11時54分 義則 仕事が入りました。●●設備です。
            行きますか?電話ください。


平成26年3月26日(水)
午前10時58分 義則 薬が切れましたので、昼から病院に行ってきます。
            お金準備してください。新聞代もあるので、一万頼みます。


平成26年3月31日(月)
午後11時30分 裕美子 あなたを信じて頑張っていくからね!
午後11時35分 義則 明日の朝来るの待ってるからね。必ず来てね。
午後11時36分 裕美子 はい(笑顔マーク)
             タバコ買ってくるからね(笑顔マーク)

午後11時42分 義則 頼みます。イチャしましょう。
            朝するかね。我慢できないよ?
            無理ですか。返事ください。
午後11時43分 裕美子 はい(笑顔マーク)私も我慢できない。

平成26年4月2日(水)
午後10時52分 裕美子 ブロッコリーってガン予防に効くんだって!食べなきゃ!
         いったん、できたがん細胞をなくすんだって!

平成26年4月3日(木)
午後10時30分 裕美子 やっぱり、引っかかる!
             さっき、私に言った言葉が!
午後11時2分  裕美子 なんか、とても寂しいです!
             よっちゃんが私から離れていきそうな予感がします。
             ごめんなさい!疲れているのに!
             お休みなさい(キラキラマーク)


平成26年4月5日(土)
午後4時45分  裕美子 何時ごろ行きますか?
午後5時5分 義則 申し訳ありませんが、今夜のセミナー別々に行きましょうか。
          お願いします。
午後5時13分 裕美子 どうして?
午後8時56分 裕美子 どこに停めたの?

平成26年4月8日(火)
午後11時36分 義則 タバコ買ってきたの? 吸いたいね

平成26年4月9日(水)
午後10時38分 裕美子 お薬飲みましたか?
午後10時39分 義則 飲みました
午後10時41分 裕美子 明日、朝早く行っていいですか?
午後10時42分 義則 はい
午後10時44分 裕美子 ありがとう(キャハマーク、ダブルハートマーク、キラキラマーク)



つい1週間ほど前
社長と姪っ子のセックス騒動で

「会社を辞める」・・・とか、
「旦那が話したいと言っている」
「荷物は2回に分けて運ぶ」

などなど、一波乱あったにもかかわらず

午後11時42分 義則 頼みます。イチャしましょう。
            朝するかね。我慢できないよ?
            無理ですか。返事ください。

という社長からのエッチ誘いメールに

午後11時43分 裕美子 はい(笑顔マーク)私も我慢できない。

だなどと、嬉しげに返信するこの女の頭・・・
可笑し過ぎると思わずにはいられない。
平日、火曜日の朝のことだぜ!
子供を学校に送り出し、旦那の出勤を見届け
それからそそくさに社長の家に行き、パンツ脱いでエッチする・・・
想像しただけでも呆れ返るし
この女お家族もそうだが
そんな事知らずに沖縄で頑張り続けるヒロシが哀れで仕方ない。

セックスした後に仕事現場に向かう2人。
あちこちの現場では、親子で通っているということを
彼女からは聞かされていたと言っていたが
それは違うだろうと思うね。

気持ちの上では、2人とも夫婦の間柄と思っていたことだろう。

メールの中にもあるように
病院へ行くのに、新聞代も含めて1万円降ろしておいてくれと
まるで女房に口きいているようではないか・・・。

朝エッチした後、ワゴン車で仕事現場に向かう2人・・・。
家族持ちの主婦を、しかも家族ぐるみの付き合いの主婦を
朝早くから誘うのかなこの社長!
その返事も「我慢できない」だなんて
このことを子供たちが知ったらどうなるかくらい、
判らないのかなと思うねこの二人。

この女、本気で社長を好きなのか
それともお金のために尽くしているのか身体開いているのか
想像つかないところだが
ガン予防にブロッコリーが効くだなんて
さも心配しているかのように振る舞いながらも
メールによく出てくる言葉に
「タバコ買っていく・・・」
だから、好きな人の身体を気遣うという
信憑性が窺い知れるね、この女・・・

この年の秋、この女の口から
とんでもない言葉がとび出したということだった。

詳しくは後程書くことにするが
社長を引退させて、
会社を引き継ごうという思惑が窺い知れたということだった。

年度末の書類整理に追われていたヒロシに
突然訃報が届いた・・・。

4月2日(水)、ヒロシの父が亡くなった。
翌日3日には鹿児島へ帰る予定が
急遽、その日の最終便で帰ったヒロシだった。


彼女へそのことを告げると

「葬儀に私も出ていい?お通夜がいいかな?」

だなんて思わせぶりを言ってきたものの
結局、何だかんだ理由を付けて葬儀には来なかったし、
初七日の期間中も社長へのラブラブメールを送り続けていた。

午後10時30分 裕美子 やっぱり、引っかかる!
             さっき、私に言った言葉が!
午後11時2分  裕美子 なんか、とても寂しいです!
             よっちゃんが私から離れていきそうな予感がします。
             ごめんなさい!疲れているのに!
             お休みなさい(キラキラマーク)

このメールなんて、ヒロシのお父さんの葬儀の日に交わされたものだ
ヒロシのことが好きなら、こんなことせずに喪に服すはずだと思う。

それにしても、男心を引き付ける術を知ってる女だね!

こんな女、八つ裂きにしても足りないくらい腹煮えくり返るね。
何も知らないヒロシが本当に不憫だと思わずにはいられない内容だと思う。

ヒロシがまだ鹿児島にいる9日・・・
社長へ「明日の朝早く行っていいか・・・」だなんて
何しに行くのよ朝早くから・・・またエッチしたいのかなこの女!

この間、ヒロシへのメールなどなかったらしい。
ヒロシが連絡しても、誰かが近くにいるからとか
何かと理由を付けて相手にしてくれなかったとのことだった。

この時ばかりは、さすがのヒロシも愛情が薄れ
その後、ヒロシからも連絡をしなくなったそうだ。

だから当分の間、ヒロシと裕美子は連絡とり合わなかったが
彼女から社長への愛情メールは相も変わらず交わされていた。


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・















タグ:家族 裏切り
posted by hiroshi at 23:58| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする