2016年07月28日

商品1本で2000円の収入

平成26年5月26日(月)
午前0時7分 裕美子 日本勝った!
午前0時8分 義則 よかったです

平成26年5月30日(金)
午後10時32分 裕美子 なんの、テレビ見てるの?
午後10時33分 義則 ニュース見ています
午後10時36分 裕美子 早く寝てね?
             私は、毛布を2枚洗ってから寝ます〜頑張らないと!

午後10時38分 義則 今日はイロイロありがとう。
            また明日ね。お休みなさい。END


平成26年6月2日(月)
午後2時15分 裕美子 坂之下はいつ行くの?
午後11時24分 裕美子 ロトは?
午後11時26分 義則 忘れていた。明日の朝楽しみにしましょう。

平成26年6月6日(金)
午後8時3分 裕美子 タバコはあるの?
午後9時25分 裕美子 よしのりさんちの住所教えて(耳マーク)?

平成26年6月7日(土)
午前11時25分 義則 仕事は何時で終わりますか?

平成26年6月8日(日)
午後10時41分 裕美子 今夜は痒みもなく、ぐっすり眠れたらいいですね。
               お休みなさい(キラキラマーク)

午後10時42分 義則 お休み


ある時、裕美子がヒロシにこんなことを言ったそうだ。

「私が扱っている商品1本注文受けて配達したら2000円の収入になるのよ」

と・・・

実際、ヒロシが住んでいる坂之下という町の
それこそヒロシの家の近くにある薬局に時々配達をしていた。

配達をしていたと言っても、注文を受け
運転して薬局に商品を届けるのは社長義則であり
彼女はただ助手席に座っているだけなのだが・・・

いいように扱われているね社長は。

実際ヒロシも、その様子を何度か眼にしたと言っていた。

配達後走り始めた車はすぐに右折して彼女たちの自宅方面へ向うのだが
その右折した道路の途中を左折した先にヒロシの家があり
この道路を逆方向から走って彼女はヒロシの家へやって来る。

ヒロシの家からすぐの道路であり
ヒロシもよく使う道路なのだから
見られたらマズイとか思わなかったのだろうか?

ヒロシとその薬局の店主は友達なんだが
ずっと以前、今こんな女性と付き合っているということを話し
写メの写真を見せたそうだ。

そのことを、彼女に言ったら激怒されたという。

その頃はまだ、彼女が時々この薬局に
商品の配達をしていることを知らないヒロシだったから・・・

後になって、激怒した理由を目の当たりにするなんて
到底想像できないことだった。

全くもっていい根性した女だと、頭が下がる思いがする・・・

午後10時台のメールや電話は相変わらず続き
時を同じくしてヒロシにも同じことをする女。

ここにヒロシのメール記録があれば
それはそれはもっと面白い内容になっていただろうね。

ヒロシに聞いたところ
別れる前の1年間に交わしたショートメールは
約4000通にもなっていたということだった。
1年間でだよ。

彼女はヒロシにメールアドレスは教えなかったということだ。

ラインでも時々交わしていたらしいが
面倒臭いと言って、すぐにブロックされていたらしい。

夜遅く2階の寝室から
コソコソと2人の男にメールや電話をし
時間の合間を縫って2人の男の前でパンツ脱いで・・・
何事もなかったかのように自宅へ帰って行く女。

主婦として旦那さんに
親として子供たちにどんな顔して過ごしているのだろうか?

そして、愛情たっぷりのメール送ったり抱かれたりしている
社長義則に対して、何を思って沿い続けているのだろうか?
ヒロシにも抱かれるのは何故なのだろうか?
どうしてそんなことが平気で出来るのだろうか?

しかも、土砂降りの日の鰻事件・・・

こんな生き方、子供たちには絶対知られてはいけない。
でも、こんな形で人を騙し続けていると
必ずいつの日か・・・悲劇が・・・起こると思う。

実際、この2か月後の暑い夏の日の午後
切なくなる悲劇が起きたのだが、それはまた後日書くことにする。

それにしても、
「よしのりさんちの住所教えて(耳マーク)?」
とメールにあるけど
彼女は現場仕事で使う材料の発注書や納品書など作り
関係先に届けたりしていると言っていたそうだが
愛する社長の家であり事務所でもあるという家の
住所を知らないだなんて・・・愛情の本気度を疑うね。
ホントにいい加減な女だということがよく判るよ。
開いた口が塞がらないとはこのことだ・・・

 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・












posted by hiroshi at 13:49| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: