2016年07月10日

お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・

平成26年3月24日(月)
午後2時57分  裕美子 たかよさんとしてるとき、私のことは思い出さなかったですか?
午後3時6分   義則  何をしたの。ばかばかしい発想ですね。
午後3時9分   裕美子 隠さなくていいですよ!女の感はわかるんですよ!
             あなたたちは昔の私達みたいだもの! 
午後3時10分  裕美子 お家の鍵が無かったんですね!!
午後3時11分  義則  想像に任せますよ
午後9時27分  義則  明日中に家の鍵と銀行のカードとパソコンと、
             高圧洗浄機と支払いもあるので、
             郵便局の預金を全部引き出してください。
             貴女の次男に貸してあるお金の返済もお願いします。
 
午後9時38分  裕美子 返します!でも、次男のは待ってください。 
午後9時41分  義則  なぜ待つのですか
午後9時47分  裕美子 言い訳になるので言いません!
             私、主人に言いました!
             あなたと話がしたいと言ってました。

             あなたも今苦しいでしょ!?
             私も今苦しい思いしてます。
             あなたは貴代さんに誘われたんでしょ?
             あなたは、優しい人だから!
             一緒に寝たいと言われても断れなかったのよね!
午後9時50分  裕美子 でも、あなたは私をずっと騙してきたんですよ!
             それは何とも思わないのですか? 
午後9時54分  義則  何を騙してきましたか?詳しく話してください。 
午後9時58分  裕美子 自分ではわからないの?
             小さな嘘でも度々ついてたら、騙すことではないですか?
 
午後9時59分  裕美子 明日は、お仕事ですか? 
午後10時3分  裕美子 支払いは私が行ってきます!請求書も私が作ります!駄目ですか? 
午後10痔24分 義則  全ては明日 
午後10時29分 裕美子 あなたのお家では話はしたくないの。外で会ってください。 
午後10時36分 裕美子 私は、やっぱりあなたに良くしてもらったことは忘れられません。 
午後10時38分 裕美子 良くしてもらったことは、きちんとした事実ですもの! 
午後10時46分 裕美子 ありがとうございます。それで、ゆうやの件は? 


社長の会社を辞めると言った後
あれほど毎夜電話やメールしていた裕美子からの連絡が途絶え始めた。

もちろんヒロシは
鹿児島で起こっている騒動については何も知らなかった。

電話しても、
「近くに娘がいるから・・・」
「向かいの部屋に次男と彼女がいるから・・・」
などなど、何かにつけ電話やメールできない理由を付け
相手にしてくれなかったらしい。

ヒロシは不満を抱えつつも
応対してくれないので諦めるしかなかったという。

しかし、実際は社長と姪っ子と裕美子との間での
目を背けたくなるような相関図が描かれたいたのだ。

現場に遭遇した彼女の気持ちも判らんではないが
このメール読む限りでは
この人たち想像を絶する最低の人間たちだと思われる。

家族ぐるみのお付き合いという関係の中で
その主婦と不倫関係を続け、まるで夫婦気取りしながら
実の姪っ子までもをベッドに引きずり込む社長・・・

裕美子のメールに
「あなたは貴代さんに誘われたんでしょ?
 あなたは、優しい人だから!
 一緒に寝たいと言われても断れなかったのよね!」

とあったが、
いい歳こいた初老のおっさんが
実の姪っ子とセックスするなんて
常識では考えられないことだと思う!

それよりも何よりも
「でも、あなたは私をずっと騙してきたんですよ!
 それは何とも思わないのですか?」
「自分ではわからないの?
 小さな嘘でも度々ついてたら、騙すことではないですか?」

という、裕美子のメールに呆れ返ってしまった。

これこそが、

「天に唾!!」

ではなかろうか?

ヒロシに対してとり続けている態度が
正に、小さな嘘でも度々ついてたら
騙すことになっていることを気付かないのだろうか?

この時点で、
こんな醜悪な実態が繰り広げられていることを
ヒロシが知ることできたら
これから先起こる悲劇を招くことはなかったことだろう。

他にも
「私、主人に言いました!
 あなたと話がしたいと言ってました。
 あなたも今苦しいでしょ!?」

だなんてあったけど
社長と不倫していること話したのかな?
旦那さんも社長と話したいと・・・
それって、借金だけのことなのかな?

息子の借金が、社長にあること知ってる旦那なのかな?

旦那さん・・・女房と社長の不倫・・・
目をつむっているか、まかり間違えば「美人局」という
言葉も浮上すると思われる。
後々、裕美子の口から
それを匂わせるような言葉が出たからだ。
それについては、後述することとします。

純粋に愛し、何とかしてあげたいと
前向きに前向きに頑張り続けるヒロシ・・・

周りからは、
いい加減に付き合うのを止めなさいと
何度も何度も言われ続けながらも
自分自身の気持ちを大事にし続けたヒロシだった。

3月24日のメールには
姪っ子とのセックスを許せないにも関わらず
次男の借金をすぐに返せない実情から
社長を言いくるめようとする内容が窺える。

こんなことが起こっていることも知らずに
鹿児島へ帰り、彼女と会うこともできずに
また沖縄へ引き返したヒロシ・・・

騙す人間の生き様と、
騙されてもそれに気づかず相手を信じ
お釈迦様の掌の中で操られている純粋な人間の
まるで、映画の1シーンのような感じさえ受ける。

しかし、この数日後
ここまで社長を罵った裕美子が
またまた社長とセックスするメールが・・・残っていた。

この女の思考回路はどうなっているのかと
常識では考えられない内容だった。


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・















ラベル:お金
posted by hiroshi at 23:56| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。