2016年06月21日

恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた

平成26年1月9日(木)
午後10時28分 裕美子 叶兄弟見た?(注;叶姉妹?)
午後10時31分 義則  見ました。すごいセクシーですね
午後10時32分 由美子 いやらしい(笑顔マーク)
午後10時34分 義則  男性はニヤニヤですね
午後10時35分 裕美子 良かったね(ウインクマーク)
午後10時37分 義則  そろそろ眠たくなりました。明日はよろしく。お休み。
平成26年1月13日(月)
午後10時41分 裕美子 さっきは、ごめんなさい。
             余計な心配かけて!
             よっちゃんが精神的に一番大変な時期なのに・・・
             私が一番色んなことをしてあげないといけないのにね(キラキラマーク)

午後10時50分 義則  別に気にはしていないよ。
             ちゃんと考えているから、心配しないでください。
             長男坊の就職が決まり、ちゃんと籍を入れてからでも遅くはないからね。

平成26年1月15日(水)
午後10時55分 由美子 寝た?
午後10時58分 義則  寝ましたよ。疲れた。また明日ね。お休みなさい
平成26年1月18日(土)
午後10時12分 裕美子 あっ!携帯の充電器忘れた!
平成26年1月26日(日)
午後9時42分  義則  寝ていました。
午後9時44分  裕美子 疲れたでしょう(冷や汗マーク) 
             お話ししたかったけど我慢ですね(笑顔マーク)
             おやすみなさい(キラキラマーク)



年が明けて平成26年1月4日(土)の午後
裕美子がヒロシの家へやってきた。

もちろん二人の姫始めはこの日なんだが
大晦日の社長からの意味深メールからして
元日に社長との姫始めはつつがなく楽しんだことだろう

70歳の爺さんも正月早々から頑張るもんだな・・・
尊敬するよその部分だけ・・・

ヒロシはこの年の1月中旬から
勤務先が沖縄になることが決まっていた。

そのための準備が忙しく、
本社がある北九州と鹿児島を行ったり来たりだった。

沖縄に発つまでヒロシと裕美子が会ったのは
4日を含め4回だけだった。

裕美子は、
朝早くから近くのスーパーでパート勤務をしていたため
午前中はスーパー、午後から社長と建築現場の毎日だったようだ。

だから、裕美子がヒロシの家に来るのは夕方近くなってだったのだが
ある日のこと、ベッドに入るものの
厚手のジャケットを脱ごうとしなかった・・・

ヒロシ 「何で脱がんの?」
裕美子 「寒いから・・・」
ヒロシ 「布団被るから暑くなるし
     服着てたら何もできないじゃん・・・」

それでも頑なに服を脱がなかった裕美子・・・

ためらいながらベッドに入った裕美子を抱いた時
ヒロシは異様な臭いを嗅いだ・・・

ヒロシ 「何この臭い?加齢臭じゃんよ!
     やっぱり社長とできてんのか!?」

言いようのない怒りがこみ上げたのだが

裕美子 「スーパーの店員さんにはお年寄りが多いから
     臭いが移ってしまうのよ・・・
     社長とは関係ないから心配しないで!」」

と、平然と話す裕美子の言葉とその瞳に
怒りを収めてしまったヒロシだった

しかし、後で判ったことだが
スーパーには加齢臭がするようなお年寄りの店員はほとんどいなく
逆に、若者が多かったようだ・・・

この時は怒りを収めたものの
次会った時のセックスで
またもや頭を悩ます問題が起きたのだった

裕美子はセックスとなると濡れやすい女で
下着のクロッチ部分は凄いことになるのだが
分泌液は多いもののサラサラしていて、嫌味な臭いもなかった

しかし、その日のクロッチに付いていたそれは
ドロリとして、しかも・・・精液の臭いがしていた

不審に思いながらもオーラルセックスを始めていたヒロシに
再び衝撃が走ったのはその時だった・・・

裕美子の膣からでてきた愛液(?)からは
間違いなく精液の臭いが立ち込めていたのだ

『裕美子のいつもの臭いと違う・・・
 これは精液の臭い・・・何で!?』

精子は女性の膣の中に数日は残ると言われている。
膣内洗浄をすれば別だろうが
何もしなかったらそうなるらしい。

ということは、ヒロシとベッドインした
数日前に、誰かとセックス・・・
しかもコンドームなしの
中出しセックスをしたということではないのだろうか?

そして、何も処理せずそのままヒロシに抱かれ
他の男が中に出したものを、ヒロシに舐めさせていた・・・

おぞましね、腹煮えくり返るねこの女
しかし、ヒロシはやがて沖縄に発たなければならないため
裕美子も同じ寂しい気持ちだろうと一人勝手に想像し
そのことはすぐに脳裏から消えていたとのことだった。
愛おしさしかなかったと語っていた

恋は盲目というが
冷静な対応、冷静な判断ができていたら

 服を脱がずにベッドインし、加齢臭が服の中からした時点で
 パンツのクロッチや膣から精液の臭いがした時点で

ヒロシは、この女を切ることができたはずだね・・・

それにしても凄い女だねこの人は・・・

この1月の社長とのメール記録見ても
同じ時間帯に、社長にもヒロシにも、ラブラブのメールを送り
人の心を操れることが、ある意味凄いことだと思うよ。

大した役者だねこの女・・・


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・





























posted by hiroshi at 23:32| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。