2016年05月27日

初めてのベッドイン

平成25年10月9日(月)
PM0914 義則 起きているよ
PM0948 義則 カラオケ代は経費の中から払いなさい

平成25年11月14日(木)
PM1012 裕美子 あっ!今日、作ったたけのこの煮物食べる?あした?
PM1013 義則 食べます
PM1014 裕美子 了解(ウインクマーク、親指了解マーク、ダブルハートマーク)

平成25年11月20日(水)
PM1023 裕美子 今夜は遅くまでごめんなさい。
PM1025 義則 大丈夫ですよおいしかったよ
PM1027 裕美子 よしのりさん、私が側にいて迷惑じゃないですか?
PM1029 義則 とんでもないそんな事考えた事ない

行きつけの店のママさんやタエちゃん達からは

「裕美子とかかわってはダメだよ」

と言われていたものの
ヒロシはすでに、名刺を裕美子に渡していた・・・

10月なってすぐ裕美子から電話があり

「我が家でコーヒーでも飲もうか
 美味いコーヒー入れてあげるよ」

という誘いに、5日の日曜日に
ヒロシの自宅を裕美子が訪ねて来た。

最初の内はたわいない世間話だったが

いつの間にか、裕美子の家庭のこと
ヒロシのこれまでの人生などなど、話は深くなっていった。

裕美子は

「家庭では居場所がないのよ・・・
 子供も旦那も相手にしてくれないし
 会話もないの・・・

 旦那とは3年もエッチしていないし
 遠くから来ているから鹿児島には相談できる友達もいないのよ」

と、自分のことを切々と語った。

故郷を離れ東京で就職し
その後、横須賀に移ったという裕美子・・・

横須賀に住んでいたころの年代を聞くと
なんと、ヒロシが横須賀で仕事していた頃と重なった。

親近感を覚えた・・・
あの時あの街で、同じ空気を吸って
同じ街にいたということが縁を感じた。

しかも、乗ってきた裕美子の車のナンバーと
ヒロシの車のナンバーがそっくりだった
ヒロシの車は「3277」
裕美子の車は「3288」だった
背景と彼女の車は塗り潰しているが
これがその写真だ。

3277-3288.jpg

しかも、裕美子の旦那の誕生日は
ヒロシと同じ月、同じ日で
裕美子の誕生日は
亡くなったヒロシの奥さんの命日だった・・・

まさに運命の出会いそのものだと感じた。

コーヒーの飲み始めはテーブルを挟んで
向かい合わせで座っていた2人は
いつしかソファーで肩寄せ合っていた。

恥じらうような初心な仕草に
ヒロシは気持ちを抑えることができなくなっていた。

そして・・・二人は2階へ上がった。

そこはベッドルーム・・・

しかし・・・ヒロシは思いを果たすことはできなかった。

しばらくはキスし合っていたものの
いざ服を脱がし始めると
「私には主人がいるのよ・・・」
と、抵抗してきたのだった。

十分すぎるほど潤っているものの
ジーンズも下着も最後まで脱がすことはできなかった。

白けきった空気、気まずい空気の中
裕美子は帰って行った・・・

その当時のヒロシは裕美子の言葉を疑うこともなく
しっかりと信じていたのだが、後で考えるに
旦那さんとは3年エッチしていなくても
社長さんとはしっかりやっているではないか・・・

「私には主人がいるのよ・・・」
ではなく
「私には愛する社長がいるのよ・・・」
が正解だと思うね。

しかも、後になってその時のことを
「あれは、貴方が無理やりしてきたのだからね!」
と言ってきたとのこと・・・

第三者に言わせれば
「だったら、ベッドルームまで付いてきて
 一緒にベッドに横になるな・・・!」
だと思うけどねえ・・・

その次に裕美子に会ったのは
行きつけのお店だった。
社長の誕生日ということで
ボックスで数人でパーティをしていた。

ヒロシは由美子には気が付かなかったのだが
カウンターで飲んでいるヒロシに
裕美子から挨拶してきたのだった。

その後、準備されていた花を裕美子が社長に渡していた。
中央に盛られたバンダの紫色の花が綺麗だった。

ヒロシはママさんに悟られないよう
普通に過ごし、カラオケを唄った。

裕美子も唄った。
松田聖子の「あなたに逢いたくて」とい曲
可愛娘ぶりっ娘しながら
「あなたに逢いたくて・・・逢いたくて・・・」
と、甘えた口調で歌っていた。

この曲のその歌詞のところだけ
裕美子の気持ちを社長に届けていることとは
その時のヒロシに気付く余地もなかった・・・

先に帰って行った裕美子たち・・・
きっと社長の家で二次会だったことだろう。
ベッドの上でね・・・


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・
















posted by hiroshi at 22:07| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

お土産の蒲鉾・・・

平成25年9月1日(日)
PM1251 義則 由美ちゃん、帰りにポリグリップかタフグリップ買ってきてもらえませんか。
お願いします。

平成25年9月6日(金)
PM1016 義則 そうですか、沢山歌えましたか。
明日、今夜のことは話します。楽しんできてください。

平成25年9月26日(木)
PM1017 裕美子 有難うございます。よっちゃん(ウインクマーク)

PM1022 裕美子 面倒ばかりかけてごめんなさい。



ヒロシと裕美子が出会った頃の
社長と裕美子のメールのやりとり・・・

裕美子の子供たちは、社長のことを「爺〜」と呼んで
家族ぐるみで付き合っている中の二人のやりとり・・・

午後10時以降のメールは、後で聞いた話だが
旦那さんや子供たちが1階にいる間に2階の寝室でやり取りしていたらしい。

ヒロシと裕美子が初めて出会ったのは
平成25年の8月後半のこと・・・
その頃ヒロシの仕事場は山口県で
毎週土日以外は鹿児島にいなかった。

仕事帰りに立ち寄った
行きつけの飲み屋のカウンター席が
社長義則と裕美子、そしてヒロシとの物語の始まりとなる。

裕美子は、飲み仲間のタエちゃんと
カウンター席で飲んでいた。

ヒロシは裕美子の横の席に座った。
上目使いの愛くるしい笑顔が可愛くて話も弾み
また会って話したいなと思ったとのことだ。

裕美子は先に帰ったのだが
帰り支度をしている裕美子にお店ののママが
「パパが迎えに来たの?」
と聞くと
「うん・・・」
と言って
「お疲れ様〜・・・」
の声を残してお店を出て行った。

その時のヒロシは
「旦那が迎えに来るなんてラブラブな夫婦だな・・・」
と思ったらしい。

しかし今思うと、多分・・・
いや間違いなく迎えに来たのは社長だな・・・
旦那だって仕事終わって家に帰り
遊んでいる嫁を迎えに行くために
晩酌しないことなんてありえないからね。

そんな事があった後の翌月中旬頃
ヒロシは、山口県名産の蒲鉾をお土産として
そのお店に持って行った。

1本はママさんに
もう1本は飲み仲間のタエちゃんに
そして、もう1本を
「この前一緒にここで飲んだあの女性に渡して・・・」
と、ママさんに渡したのだが
タエちゃんがすぐ裕美子に電話したのか
15分くらいして裕美子がお店に入ってきた。

まさかの展開にヒロシは喜んだ。
会えるとは思っていなかったのだから・・・

しかし、ヒロシと裕美子が話しているとき
突然、タエちゃんが裕美子に向かって
「アンタはもう帰れ
と、キツイ言葉を投げつけた・・・

裕美子がヒロシに
「明日運動会だから、蒲鉾使うね。ありがとう。」
と言っていた時だけに
さすがのヒロシも、タエチャンの言動にビックリした。

モジモジしている由美子に
「早く帰れ
とタエチャンはさらに追い打ちをかける。

寂しげに帰る後姿を可哀相に感じたヒロシは
タエちゃんに
「何でそんなこと言うん?」
と聞くと
「あの子はそれでいいんよ!」
と、素っ気なく答えた。

そう、裕美子の実態を知るからこそ
ヒロシに近づけたくなかったからの言葉だったのだ。

ママも追い打ちをかけるように
「ヒロシ・・・あの子には近づかん方がいいよ・・・」
と一言。

この時のその言葉をしっかり聞いていたら良かったのだが
先妻を亡くした独身のヒロシにとっては
そんな裕美子との出会いから、
もうすでに地獄へ繋がる階段を降り始めていたのだ・・・

愛くるしい上目遣いと甘えたような言葉使いが
裕美子の得意をする「手」とはつゆ知らぬヒロシだった。


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・


















ラベル:お土産 蒲鉾
posted by hiroshi at 22:32| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

残してはいけない携帯の不倫メール履歴

〜〜 プロローグ 〜〜

平成26年3月31日
PM1130裕美子 あなたを信じて頑張っていくからね!

PM1135
義則 明日の朝来るの待ってるからね。必ず来てね。

PM1136
裕美子 はい()タバコ買ってくるからね

PM1142
義則 頼みます。イチャしましょう。朝するかね。我慢できないよ
   無理ですか。返事ください。

PM1143
裕美子 はい私も我慢できない。


こんな内容のメールのやりとり
誰が読んでも、愛し合う若い男と女にありがちな内容・・・

でも、男が70歳で女が48歳だったら・・・
しかも、女には家族があり、社長は女の勤め先の社長であり
両家は家族ぐるみの付き合い関係だったとしたら・・・

このメール内容は、友人ヒロシが愛した女のスマホに残されていたメールの一部。
書いてある文言は、名前を少し変えてそのままアップしている。

鹿児島市内にある「T中学校」PTA会長(当時)夫人の
おぞましい二股不倫の記録だ。

ヒロシは2年半にも及ぶ期間、この女に嘘をつかれ騙され
二股かけられてきた・・・

ヒロシはこのメール履歴を
平成26年7月25日に目にし、1ヶ月後に自殺を図った
血まみれになったヒロシの第1発見者は・・・この女だった

ウザイほどに泣きまくる蝉の声
窓やドアを閉め切った蒸し返す家の中
ヒロシは全身血まみれで階段下の廊下に横たわっていたらしい。

お金目当てに近づいた女の二股不倫が招いた惨劇だった

それから1年半余りしてこの二人の縁は切れたが
あえてここで、「別れた」と書かないのには訳がある。

これから、そのことを綴っていこうと思う。

なぜ、こんなことを暴露する気になったかと言うと
純粋に愛する男の気持ちを利用して
お金目当てに人を弄んだ女を決して許すことができないからだ。

騙され方も悪いかもしれない
しかし、騙す方はもっと悪い。

そんな女が何事もなかったかのように
いけしゃあしゃあと今も生きていることは許されない気がする。

賛否両論あるかと思うが
人を騙すということがどれだけ罪なことなのか
いずれこの記録が本人の目に留まることを願い綴っていきたいと思う。
いや、それよりも早く裕美子の友人や近隣の人
あるいは家族の誰かが気付くかもしれない

それでもいい・・・
災難は忘れた頃にやって来る ・・・必ず・・・なのだ

人を饒舌な嘘と作り愛嬌で騙し続けたことに対する代償は大きいのだから。

裕美子のスマホに残されていたメール履歴を元に
「罪には罰」をしっかり償わせたいと・・・思います。

ボチボチお付き合いいただけたら幸いです。


 目  次 

 第1話  残してはいけない携帯の不倫メール履歴  
 第2話  お土産の蒲鉾  
 第3話  初めてのベッドイン  
 第4話  男心を操る女     
 第5話  裕美子と社長とヒロシのトライアングル初対面  
 第6話  恋は盲目       
 第7話  クリスマスプレゼントは指輪が欲しい・・・  
 第8話  白いイチゴ      
 第9話  恋は盲目が冷静な判断を狂わせ始めた  
 第10話 鹿児島にいても沖縄にいても遠い心に変わりなく・・・  
 第11話 まるで夫婦気取り   
 第12話 お金返せ!!に、あたふた裕美子・・・  
 第13話 家族を裏切り、朝からセックスに興じる2人  
 第14話 煩悩が途切れ途切れのヒロシ  
 第15話 松田聖子コンサートの夜  
 第16話 女房気取り      
 第17話 お友達、癌だから鰻を御馳走したの!  
 第18話 商品1本で2000円の収入  
 第19話 愛情が遠退き始めたヒロシ
 第20話 遂に暴かれた裕美子と社長の不倫関係
 第21話 血は赤く温かかった・・・






















posted by hiroshi at 23:52| Comment(0) | PTA会長夫人の不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。